UN-SYMMETRY,LOLO,maillot,Good On,ORTEGA'S,Detailleなどの通販・販売 colors+(カラーズ)

Ganscraft

 

gans

 

Ganscraft(ガンズクラフト)とは・・・ 元々はイリノイ州シカゴ出身の法律家だったJulius Gans(ジュリウス・ガンズ)が、
ニューメキシコ州旅行後に、コレクターから実業家に転身。更に1915年、観光客の増加を背景に、
Julius Gans’ Southwestern Arts and Crafts社をサンタフェのプラザ南側にオープンしました。
「Ganscraft(ガンズクラフト)」「SOUTHWEST ATRS & CRAFTS(サウスウェスト・アーツ・アンド・クラフト)」は、
同社のブランド名です。
その後、1930年代に入って、Ganscraft(ガンズクラフト)がタロン・ジッパー、裏地付き、ナバホ製のシルバーボタンを特徴とする
「Chimayo Purse(チマヨ・パース)」 を商品化したといわれています。
この商品が流行し、同業者の間に広まるのには、それほど長い時間はかからなかったようです。また、彼等は小売りのみならず、
卸売り事業・OEM生産にも積極的で、国立公園内やルート66沿いの多くの土産物店が彼等の主な顧客でした。
1962年、事業は売却され、現在は残念ながら店舗も会社も現存しておりません。
こちらのGanscraft(ガンズクラフト)商品は、幸運にもサンタフェ在住のコレクターから手に入れる事に成功した、1920年代~
廃業直前の60年代初頭までに織られたチマヨ・ブランケットの完全デッドストック、超ミント・コンディションの作品です。
全品、master weaver(マスターウィーヴァー)だったManual Muller(マヌアル・ミューラー)の手織り作品です。
彼は、window weaver(ウィンドーウィーヴァー, 店頭のガラス越しに実演する手織り職人)としても、
当時とても有名な人物でした。
当時は現在に比べ時給単価の意識が低かった為、現在一般的に生産・販売されているチマヨ・ブランケットよりも、
じっくりと時間をかけて凝ったデザインが織られていました。
半世紀以上前に織られたマスターピースをお楽しみ下さい。

 

http://shop.colors-store.com/?mode=grp&gid=1011747

 

82348327_o3b3EYEb4