UN-SYMMETRY,LOLO,maillot,Good On,ORTEGA'S,Detailleなどの通販・販売 colors+(カラーズ)

GUERNSEY WOOLLENS

 

GUE

 

 

GUERNSEY WOOLLENS(ガンジーウーレンズ)社は、イギリスとフランスの間にあるチャネル諸島の
ガンジー島で1976年に創業の伝統あるニットブランドです。
オーセンティックで伝統的・高品質なガンジーニットウェアを、30年以上もの間、自社工場で作り続けています。
素材にもこだわり、Guernsey Woollens仕様に紡績した、ピュアブリティッシュウール100%を使用し
脱脂を控え強い撚りをかけて生み出された糸を使っています。
彼らのニットウェアは、スキルや伝統に絶対の自信を持つ職人が手がけ、そして現代のフィッティングに合うよう
作られていますが歴史的なパターンやディテールを組み合わせ、伝統的な『Guernsey Way(ガンジー製法)』
で作られています。
ガンジーセーターとは、17世紀からガンジー島に伝わる伝統的なセーターで、過酷な寒空の海に出る漁師のため、
一針一針に無事と安全を祈りながら家族が編み上げた、チャネル諸島にあるガンジー島の伝統的ニットに由来します。
アランニットの原型と言われるフィシャーマンニットがガンジーセーターです。
ハイネックのものは前後対称の仕様で、前後どちらでも着る事が出来ます。
そして動き易いように脇にダイヤモンド型のパターンを編みこんだ物で、ガンジー島の漁師達によって
着られていました。
船乗りたちがガンジーセーターを着ていた為、英国中の沿岸へ広まり人気になりました。
ガンジーセーターの編み地は伝統的なパターンを元にされており、それぞれの家庭ごとに幾世代にも受け継がれています。
そのモチーフは漁師たちの日常生活を反映しており、袖のリブステッチ(ゴム編み)はロープや船のはしごを、
かぎ針で編んだ肩の接合ラインはロープ、袖ぐりのガーターステッチ(編み)は浜辺の波を表現しています。
チャネル諸島の人々は、多くの家族が自分達の着るセーターに色々なパターンのバリエーションを加え
手編みしています。それは、不運にして海で命を落とした際、すぐに分るようにする為です。
本物のガンジーセーターは、英国のウェステッドヤーンを使ったものだけであり、当然のことながら
フルファッション製法で作られ、最後は人の手によって仕上げられます。
つまり、ニットの各パーツをそれぞれ編み上げてから、手仕事で縫い合わせる製法が用いられます。
19世紀には軍用として採用されるようになりますが、この提案をしたのがかの有名なネルソン提督であり、
カナダに駐屯する兵士のための防寒着として装備に加えられ、海軍指定の衣服としてその名を轟かせることになるのです。
動くときに邪魔にならないよう袖下に付けられたマチは、腕を下ろしている際にはマチが折り畳まれることで、
ジャケットの下にも着ることが出来るなど、シンプルな外観の中に込められた、機能に根ざしたデザインや
ディテールをご覧頂けるはずです。
伝統と実用性を完璧に両立させた衣服=ガンジーセーターが多くの国々で今なお愛される理由も、
天然繊維の持つ能力・機能性を伝統的な製法で余すことなく享受できる点にあると言えます。
先人たちから脈々と受け継がれた知恵や意思を感じさせてくれるもの、
それがガンジーセーターの真の魅力ではないでしょうか。

 

http://shop.colors-store.com/?mode=grp&gid=1295364

 

96370139963706247

 

JOHN SMITH

 

john

 

2014年S/Sコレクションより、IN CLOUDINESS(イン クラウディネス)のアナザーライン
JOHN SMITH(ジョンスミス)をスタート。
架空の左利き男性「JOHN SMITH」のシグネイチャーモデルとして制作されるコレクションです。
毎シーズンのテーマに引っ張られない、例えばオックスフォードのボタンダウンシャツやデニムなど、
手の加えようがない、加える必要のないものをまとめて独立させたコレクションです。
JOHN SMITHというブランド名は、アメリカに一番多い名字と名前を組み合わせたもの。
ごく普通という意味ですが、デザイナー吉田氏流の進化するベーシックが提案されています。

 

http://shop.colors-store.com/?mode=grp&gid=1230354

 

LOOK7LOOK5LOOK3

 

IN CLOUDINESS

 

inc

 

デザイナー吉田雄二氏は、AMERICAN RAG CIEのバイヤーからオリジナルブランドのディレクションを経て独立し、
2011年A/Wシーズンより、現代的なシルエットの日常着をクラシックな生地や縫製を用いてミニマムに表現することを
コンセプトにIN CLOUDINESS(イン クラウディネス)をスタートさせました。
吉田氏曰く「シンプルだけどいいもの。それが一番難しいのですが、やはりそういうものが作りたいと。シャツは
シャツであるべきだし、パンツはパンツであるべき。そういった地に足の付いた洋服を作りたいという思いから、
ベーシック服としてのクオリティをキープしつつ、その名でシーズン毎にテーマを設定して、それに合わせた色や生地を
選んでいくというようなアプローチのブランドです。」
様々な名品をセレクトしてきた吉田氏が提案する新しいスタンダードを表現したブランドです。

 

http://shop.colors-store.com/?mode=grp&gid=1230354

 

LOOK4LOOK10LOOK1

 

JANE SMITH

jane

 

2014年A/Wシーズンより、JOHN SMITH(ジョンスミス)のレディースライン
JANE SMITH(ジェーンスミス)のコレクションがスタート。
架空の左利き女性「JANE SMITH」のシグネイチャーモデルとして制作されるコレクションです。
IN CLOUDINESS(イン クラウディネス)、JOHN SMITH(ジョンスミス)のディレクター吉田雄二氏が
ディレクションを手がけ、二人の女性デザイナーによってデザインされています。
現代的なシルエットの日常着を、クラシックな生地や縫製を用いてミニマムに表現する
メンズブランドのディテールはそのままに、女性らしいキレイなシルエットに落とし込まれています。
メンズライクなアイテムを大人の女性がシンプルにデイリーに楽しめるラインナップです。
シンプルでスタンダードなデザインの中にスタイリッシュさが際立つ、そんなコレクションです。

 

http://shop.colors-store.com/?mode=grp&gid=1230354

 

下6共通IMG_08下7共通IMG_04下8共通IMG_05

 

 

Worn By

worn

Worn By(ウォーンバイ)は、イギリス・ロンドンに拠点を構えるTシャツブランドです。
ブランドコンセプトは、映画やスポーツ、音楽、ポップカルチャーといった様々な分野で活躍した
過去の伝説のアイコン達が身に着けていたアイテムを、当時の貴重な瞬間を捉えた写真に基づいて
忠実に再現させることです。
各アイテムにはクオリティーの高い生地を使用し、形やウォッシュ等の加工、ステッチやプリントのテクニックに至るまで
全てにヴィンテージ感を追求しています。
これまでにPatti Smith、Mick Jagger、Jimi Hendrix、Freddie Mercury、Kurt Cobainその他多くの伝説の人物が
着ていたモデルを展開してきました。
Worn By(ウォーンバイ)のデザインソースとなる写真は、イギリス音楽業界のエキスパートである音楽チャンネル“VH1”と
提携して探し出しているため、楽屋やプライベートでの写真など、世の中に出回っていないような貴重なものばかりです。
このように音楽業界と連携した服作りにより、Worn By(ウォーンバイ)は他にはない、レアで本格的な復刻Tシャツを
提案しています。