UN-SYMMETRY,LOLO,maillot,Good On,ORTEGA'S,Detailleなどの通販・販売 colors+(カラーズ)

Posts Tagged ‘オルテガ’

ORTEGA’S(オルテガ) HAND WOVEN EYEGLASS CASE

「ORTEGA’S(オルテガ) HAND WOVEN EYEGLASS CASE」のご紹介です。

 

ORTEGA’S(オルテガ)は、先祖代々8代に渡って、アメリカ合衆国のニューメキシコ州チマヨで、ハンドメイドにこだわり、1点1点手織りで作り続けられているチマヨ・ブランケットを素材としています。

チマヨ・ブランケット独特の風合いは、オートメーション化された近代的な機械生産・大量生産方式では、生み出すことが出来ません。

 

ORTEGA’S(オルテガ)のウール100% 手織りアイグラスケース です。

 

アイグラスケースは、オルテガ社では限定生産の為、レアなアイテムの一つです。

男女問わずお使い頂け、プレゼントにもお勧めです。

 

ORTEGA'S

TURQUOISE BLUE

ORTEGA'S

WHITE

ORTEGA'S

PEACOCK GREEN

ORTEGA'S

BRICK RED (SALMON)(限定色)

ORTEGA'S

HEATHER GRAY

ORTEGA'S

CHOCOLATE BROWN (限定色)

ORTEGA'S

OLD ROSE (限定色)

ORTEGA'S

SCARLET RED

 

http://colors-store.com/

ORTEGA’S

ortega

アメリカ南西部を代表する手織りの伝統工芸品、チマヨ・ブランケットの歴史は、そのままオルテガ家の歴史と重なります。

リオ・グランデ渓谷北部(現在の米国ニューメキシコ州チマヨ)へやってきたスペイン系開拓者集団の1人、

ガブリエル・オルテガ氏は息子ミゲル・パブロ氏に、木機(きばた)による手織りの技術と知識を教え込みました。

これが、今日に至るまで途絶えることなく続いている手織りの伝統工芸品、チマヨ・ブランケットの歴史の始まりでした。
1900年、5代目当主ニカシオ・オルテガ氏は、日用雑貨などと共に手織りの工芸品を売る店を開業しました。

数年して観光客がふえると、その需要に応えるべく、ニカシオ氏は息子たちに機織を教え、更に親類や近所の人々を

職人として雇うようになりました。
彼等やその子孫の多くは、現在もオルテガ社の為にブランケットを織り続けています。 時代の移り変わりと共に、

材料やデザイン・パターンは、少しずつ変化してきました。

しかし、親から子へ、子から孫へと受け継がれてきたチマヨ・ブランケットの技術と誇りは、入植当時と変わらず、
オルテガ社の作品の中に、今日も脈々と生き続けています。
オルテガ社のチマヨ・ブランケット、或いはそれらを素材とした製品は、先祖代々8代に渡って継承されている

手織り、ハンドメイドの伝統工芸品です。

現在も、アメリカ合衆国南西部にあるニューメキシコ州の片田舎で、昔ながらの製法で1点1点コツコツと作られています。
チマヨ・ブランケット独特の風合いは、オートメーション化された近代的な機械生産・大量生産方式では、

生み出すことが出来ません。
ですから、その独特の風合いを守り続ける為に、敢えて昔ながらの手織り製法、道具に今もこだわり続けています。
しかし、チマヨ・ブランケットの織り方を習得するには、とても長い時間がかかります。

また、1枚のチマヨ・ブランケットを織り上げる為には、相当な根気と独特のデザインパターンやカラーリングのセンスも

要求されます。誰にでも簡単に出来るという仕事ではありません。
更に、チマヨ・ブランケット生産は、伝統的な織り機や道具を作る木工技術なども含めた、

200年以上続く伝統文化の結晶でもあります。
ですから、彼等は先祖に対する感謝と誇りをもって、親から子へ、子から孫へと現在も語り継ぎ、受け継いでいるのです。