UN-SYMMETRY,LOLO,maillot,Good On,ORTEGA'S,Detailleなどの通販・販売 colors+(カラーズ)

Ganscraft

 

gans

 

Ganscraft(ガンズクラフト)とは・・・ 元々はイリノイ州シカゴ出身の法律家だったJulius Gans(ジュリウス・ガンズ)が、
ニューメキシコ州旅行後に、コレクターから実業家に転身。更に1915年、観光客の増加を背景に、
Julius Gans’ Southwestern Arts and Crafts社をサンタフェのプラザ南側にオープンしました。
「Ganscraft(ガンズクラフト)」「SOUTHWEST ATRS & CRAFTS(サウスウェスト・アーツ・アンド・クラフト)」は、
同社のブランド名です。
その後、1930年代に入って、Ganscraft(ガンズクラフト)がタロン・ジッパー、裏地付き、ナバホ製のシルバーボタンを特徴とする
「Chimayo Purse(チマヨ・パース)」 を商品化したといわれています。
この商品が流行し、同業者の間に広まるのには、それほど長い時間はかからなかったようです。また、彼等は小売りのみならず、
卸売り事業・OEM生産にも積極的で、国立公園内やルート66沿いの多くの土産物店が彼等の主な顧客でした。
1962年、事業は売却され、現在は残念ながら店舗も会社も現存しておりません。
こちらのGanscraft(ガンズクラフト)商品は、幸運にもサンタフェ在住のコレクターから手に入れる事に成功した、1920年代~
廃業直前の60年代初頭までに織られたチマヨ・ブランケットの完全デッドストック、超ミント・コンディションの作品です。
全品、master weaver(マスターウィーヴァー)だったManual Muller(マヌアル・ミューラー)の手織り作品です。
彼は、window weaver(ウィンドーウィーヴァー, 店頭のガラス越しに実演する手織り職人)としても、
当時とても有名な人物でした。
当時は現在に比べ時給単価の意識が低かった為、現在一般的に生産・販売されているチマヨ・ブランケットよりも、
じっくりと時間をかけて凝ったデザインが織られていました。
半世紀以上前に織られたマスターピースをお楽しみ下さい。

 

http://shop.colors-store.com/?mode=grp&gid=1011747

 

82348327_o3b3EYEb4

 

 

WILLIAM BRUNTON

 

willi

 

WILLIAM BRUNTON(ウィリアム ブラントン)は、有名なニットメーカーがいまだ数多く存在する
スコットランドのホーウィック地方のファクトリーブランドです。
スコットランドのホーウィック地方でガーメント基準の高品質のラムズウール、カシミア糸のみを使用し、
現存する最古のメイドインホーウィック製の専用編み機で生産されています。
自社ブランド以外にも多くの他社ブランドに商品を提供しており、伝統的なスコットランドスタイルの
ニットアイテムは世界中で愛用されています。

 

http://shop.colors-store.com/?mode=grp&gid=1314935

b3LGb3BRb3BK

 

Happy New Year 2016

12507625_452084991664032_3659101089514057554_n

 

あけましておめでとうございます。
昨年はcolors+をご愛顧賜り誠に有難うございましたm(_ _)m
本年もどうぞ宜しくお願い致します。
 
colors+(カラーズ)は、本日より通常営業でございます。


来春、2016春夏シーズンからは、新しく取り扱うブランドも増え、

より皆さまに楽しんで頂ける

『カラフルな色に囲まれたハッピーな暮らしを!』
少しでもお手伝いできるようなお店を目指して頑張っていきたいと思っております。
2016年もご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

 

IMG_5178

 

年末年始の営業のお知らせ

IMG_5011

誠に勝手ながら
12月29日(火)~1月4日(月)
上記期間お休みとさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解の程、宜しくお願い致します。

1月5日(火)から通常営業

Web Shop
12月29日(火)~1月4日(月)
の期間
カラーズHPからのご注文は、24時間365日お受け致しております。
営業時間外・定休日 に頂きました発送業務・ご注文・お問い合わせのご対応は

誠に恐れ入りますが、翌営業日とさせて頂きます。

年内の発送業務は、12/29(火)15時にて終了致しました。
次回の発送は、年明け2016/1/5(火)以降でございます。

予めご了承の上、ご利用をお願い致します。
何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

2015年、colors+(カラーズ)をご利用頂き、誠に有難うございました。

来春、2016春夏シーズンからは、新しく取り扱うブランドも増え、

よりみなさまに楽しんでいただけるよう頑張っていきたいと思っております。
2016年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様、良いお年をお迎えください
🌅🌄🗻

 

IMG_8870

 

 

GUERNSEY WOOLLENS

 

GUE

 

 

GUERNSEY WOOLLENS(ガンジーウーレンズ)社は、イギリスとフランスの間にあるチャネル諸島の
ガンジー島で1976年に創業の伝統あるニットブランドです。
オーセンティックで伝統的・高品質なガンジーニットウェアを、30年以上もの間、自社工場で作り続けています。
素材にもこだわり、Guernsey Woollens仕様に紡績した、ピュアブリティッシュウール100%を使用し
脱脂を控え強い撚りをかけて生み出された糸を使っています。
彼らのニットウェアは、スキルや伝統に絶対の自信を持つ職人が手がけ、そして現代のフィッティングに合うよう
作られていますが歴史的なパターンやディテールを組み合わせ、伝統的な『Guernsey Way(ガンジー製法)』
で作られています。
ガンジーセーターとは、17世紀からガンジー島に伝わる伝統的なセーターで、過酷な寒空の海に出る漁師のため、
一針一針に無事と安全を祈りながら家族が編み上げた、チャネル諸島にあるガンジー島の伝統的ニットに由来します。
アランニットの原型と言われるフィシャーマンニットがガンジーセーターです。
ハイネックのものは前後対称の仕様で、前後どちらでも着る事が出来ます。
そして動き易いように脇にダイヤモンド型のパターンを編みこんだ物で、ガンジー島の漁師達によって
着られていました。
船乗りたちがガンジーセーターを着ていた為、英国中の沿岸へ広まり人気になりました。
ガンジーセーターの編み地は伝統的なパターンを元にされており、それぞれの家庭ごとに幾世代にも受け継がれています。
そのモチーフは漁師たちの日常生活を反映しており、袖のリブステッチ(ゴム編み)はロープや船のはしごを、
かぎ針で編んだ肩の接合ラインはロープ、袖ぐりのガーターステッチ(編み)は浜辺の波を表現しています。
チャネル諸島の人々は、多くの家族が自分達の着るセーターに色々なパターンのバリエーションを加え
手編みしています。それは、不運にして海で命を落とした際、すぐに分るようにする為です。
本物のガンジーセーターは、英国のウェステッドヤーンを使ったものだけであり、当然のことながら
フルファッション製法で作られ、最後は人の手によって仕上げられます。
つまり、ニットの各パーツをそれぞれ編み上げてから、手仕事で縫い合わせる製法が用いられます。
19世紀には軍用として採用されるようになりますが、この提案をしたのがかの有名なネルソン提督であり、
カナダに駐屯する兵士のための防寒着として装備に加えられ、海軍指定の衣服としてその名を轟かせることになるのです。
動くときに邪魔にならないよう袖下に付けられたマチは、腕を下ろしている際にはマチが折り畳まれることで、
ジャケットの下にも着ることが出来るなど、シンプルな外観の中に込められた、機能に根ざしたデザインや
ディテールをご覧頂けるはずです。
伝統と実用性を完璧に両立させた衣服=ガンジーセーターが多くの国々で今なお愛される理由も、
天然繊維の持つ能力・機能性を伝統的な製法で余すことなく享受できる点にあると言えます。
先人たちから脈々と受け継がれた知恵や意思を感じさせてくれるもの、
それがガンジーセーターの真の魅力ではないでしょうか。

 

http://shop.colors-store.com/?mode=grp&gid=1295364

 

96370139963706247